Top > 特定保健用食品(トクホ)の特徴

特定保健用食品(トクホ)の特徴

このマークがついている食品が特定保健用食品(通称:トクホ)です。トクホは、平成3年にできた制度で、個々の製品ごとに厚生労働省から許可を受けており、保健の効果(許可表示内容)を表示することのできる食品です。

高齢化や生活習慣病の増加により、食生活を通して健康の維持・増進や疾病の予防をはかるという考え方が広まりつつあります。

ふだんの食事が重要なのは言うまでもありませんが、より積極的な健康の増進を目的とした食品として注目されているのがトクホなのです。

トクホが他の食品と違うのは、からだの生理学的機能などに影響を与える成分を含んでいて、お腹の調子を整えたり、血圧、血中のコレステロールなどを正常に保つことを助けるのに役立つなどの特定の保健の効果が科学的に証明されているということです。

トクホの食品を選ぶ時には、自分にはどの効果が必要なのか、自分の食生活等をよく考えてから選ぶようにしましょう。また、使用する際には、1日の目安量や摂取の方法などを必ず確認し、守るようにしてください。

トクホの食品は健康が気になる方を対象にしている食品です。医薬品とは違いますので、病気の治療のために使用するものではないことにご注意ください。

 

 キャッシングローンの比較  パニック障害とサプリメント  アメリカのサプリメント
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
特定保健用食品(トクホ)の特徴(2009年10月20日)
トクホは医薬品ではありません(2009年10月20日)
許可されている特定保健用食品(2009年10月20日)